SIG るーみっくわーるど SIG るーみっくわーるど」は、漫画家 高橋留美子先生(るーみっくわーるど)の作品が好きな仲間が集まっているグループです。 るーみっく好きなメンバー間コミュニケーションのためのチャットや掲示板の提供、るーみっく系イラスト・小説・リンク集の公開などを行っています。 オフ会も不定期に開催されています。1992年6月にPC-VAN上で誕生した歴史あるグループです。
ホーム | About | 新着・お知らせ | フォーラム | ライブラリ | チャット公開ログ | メンバー紹介 | リンク | Copyright
[記事リストに戻る]
一括講読

投稿時間:04/05/04(Tue) 20:39
投稿者名:高岡 俊哉
Eメール:takoka-t@mte.biglobe.ne.jp
URL :
タイトル:TVアニメ「犬夜叉」第150話の感想


犬夜叉、かごめの聖様、=事実上の桔梗をめぐる思い、が今回の話の本質でした。
すばらしい出来でした。
犬夜叉アニメは、毎回芸術的な内容に達している、というのが私の理解です。
ついに150話まで来ました。
いろいろな説があるのはわかりますが、この良質な作品は、200話、ないしはそれより先まで行っても
当然と考えます。

次回は、桔梗がかごめに、かごめが桔梗に直接対峙する数少ない機会。
桔梗は、かごめが谷に落ちるのを防がなかったこともあり、必ずしも温かい態度ではありませんでした。
かごめは????
これが「温かい態度」ではなくて何でしょうか・・・

このすばらしい作品が、今後も多くの人に愛され続けていきますように!!!
祈ります。




- Web Forum -
Modified by MONKEY PUB
2nd Modified by Nishishi.
Copyright © 1999-2019. SIG るーみっくわーるど
このサイトで公開されている全ての文章・画像などを許可なく転載することを禁じます。