SIG るーみっくわーるど SIG るーみっくわーるど」は、漫画家 高橋留美子先生(るーみっくわーるど)の作品が好きな仲間が集まっているグループです。 るーみっく好きなメンバー間コミュニケーションのためのチャットや掲示板の提供、るーみっく系イラスト・小説・リンク集の公開などを行っています。 オフ会も不定期に開催されています。1992年6月にPC-VAN上で誕生した歴史あるグループです。
ホーム | About | 新着・お知らせ | フォーラム | ライブラリ | チャット公開ログ | メンバー紹介 | リンク | Copyright
[記事リストに戻る]
一括講読

投稿時間:04/02/16(Mon) 22:07
投稿者名:高岡 俊哉
Eメール:takoka-t@mte.biglobe.ne.jp
URL :
タイトル:TVアニメ「犬夜叉」第142話の感想


炎蹄をてなづけた白童子の回りを顧みることの無い思い通りの溶解い殺戮の
行動。
それにうんざりしながらも、奈落の分身には従わざるを得ない神楽もしっかりと描かれていて、
すばらしかった。
もちろん、この二人組に振り回される、犬夜叉・かごめ、珊瑚たち犬夜叉一行の
描写もすばらしがった。
原作らしい密度の濃い緻密なストーリーと、アニメの演出を
楽しめました。
来週の次回も感動を期待いたします。




- Web Forum -
Modified by MONKEY PUB
2nd Modified by Nishishi.
Copyright © 1999-2019. SIG るーみっくわーるど
このサイトで公開されている全ての文章・画像などを許可なく転載することを禁じます。