SIG るーみっくわーるど SIG るーみっくわーるど」は、漫画家 高橋留美子先生(るーみっくわーるど)の作品が好きな仲間が集まっているグループです。 るーみっく好きなメンバー間コミュニケーションのためのチャットや掲示板の提供、るーみっく系イラスト・小説・リンク集の公開などを行っています。 オフ会も不定期に開催されています。1992年6月にPC-VAN上で誕生した歴史あるグループです。
ホーム | About | 新着・お知らせ | フォーラム | ライブラリ | チャット公開ログ | メンバー紹介 | リンク | Copyright
Forum1.るーみっく☆わーるど
[記事リスト] [この記事に返信] [新着記事] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:03/12/21(Sun) 09:24
投稿者名:高岡 俊哉
Eメール:takoka-t@mte.biglobe.ne.jp
URL :
タイトル:映画「犬夜叉 天下覇道の剣」 感想


感想がまとまりませんので、以下箇条書きとします。

・犬夜叉父は、殺生丸によく似ていることは納得
ハンサムですね。

・兄弟の間の父への隔執、というよりも、「お前には守るものがあるか?」
ということが中心だったと思います。
犬夜叉父は十六夜、犬夜叉はかごめ、殺生丸はりんを現に大事にしています。
人間だろうが妖怪だろうが大切なものは大切、これが大事なのです。
この親子は結構似たもの親子なのだと思います。
殺生丸も犬夜叉も、「お互い似ている」という点は認めないでしょう
けれどもね。

・文化は違っていても、妖怪・人間は共存、理解出来る、というのが次の
映画の主題になるといいなあ、と考えました。
今回出てこなかった奈落のようなテロリスト、つまり憎しみが拡大することが
目的、というものは、両者協力して排除殲滅する必要は、
もちろんあります。この場面は迫力があると思います。

・刹那猛丸の刀に乗っ取られた妖怪版はなぜ西洋の服を着ていたのか、
面白くも、疑問に思いました。

・今回上映館が変わったため、初めてシネマコンプレックスというところに行きました。
朝9:35からの会が20分前にすでに満席でした。いままで朝早くの会が
上映前に満席、ということはなかったので、改めて犬夜叉、
そしてシネマコンプレックスの人気の大きさを痛感いたしました。
この映画が大ヒットすると良いですね。(^。^)



このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい
おなまえ
Eメール
題   名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
(※注意) 投稿本文中にURLを書くと、スパムとして投稿が自動的に拒否されますのでご注意下さい。
イメージ (あなたのイメージを選択して下さい) [画像イメージ参照]
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
プレビュー

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -
Modified by MONKEY PUB
2nd Modified by Nishishi.
Copyright © 1999-2019. SIG るーみっくわーるど
このサイトで公開されている全ての文章・画像などを許可なく転載することを禁じます。