SIG るーみっくわーるど SIG るーみっくわーるど」は、漫画家 高橋留美子先生(るーみっくわーるど)の作品が好きな仲間が集まっているグループです。 るーみっく好きなメンバー間コミュニケーションのためのチャットや掲示板の提供、るーみっく系イラスト・小説・リンク集の公開などを行っています。 オフ会も不定期に開催されています。1992年6月にPC-VAN上で誕生した歴史あるグループです。
ホーム | About | 新着・お知らせ | フォーラム | ライブラリ | チャット公開ログ | メンバー紹介 | リンク | Copyright
Forum1.るーみっく☆わーるど
[記事リスト] [この記事に返信] [新着記事] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:02/12/18(Wed) 22:30
投稿者名:高岡 俊哉
Eメール:takoka-t@mte.biglobe.ne.jp
URL :
タイトル:犬夜叉「鏡の中の夢幻城」サウンドトラック感想



早速聞いてみました。
全体的に今までのTVの音作りを基本にして、その中に
神久夜関係の音楽をさりげなく忍び込ませた感じです。
自然に聞けました。
今までのるーみっく作品の場合は映画用音楽はTV用とは
はっきり異なっていましたが、「犬夜叉」ではそれが自然な形で
つながっていて良いです。
やはり「射抜かれたかごめ」「明鏡止水の法」とくると、内容が
非常に気になりますね。
私は「33.祈り、願い」が一番気に入りました。

「神久夜の正体」ってまさか、「月に代わっておしおきよ」の
セー○ームーンとか・・・(^_^;;)

解説書のほうでは、「犬夜叉」はミュージカルだ、という意見に
はたと、目からうろこが落ちた感じがしました。
確かに音楽に力がこもっています。今日聞いた曲は、映画の
どのあたりに出てくるのかも、非常に楽しみです。
いつのまにかサウンドトラックの解説書の中で「音楽のツボ」が
恒例になっているのには笑わされました。

                    以上 映画当日が非常に楽しみです。



このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい
おなまえ
Eメール
題   名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
(※注意) 投稿本文中にURLを書くと、スパムとして投稿が自動的に拒否されますのでご注意下さい。
イメージ (あなたのイメージを選択して下さい) [画像イメージ参照]
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
プレビュー

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -
Modified by MONKEY PUB
2nd Modified by Nishishi.
Copyright © 1999-2019. SIG るーみっくわーるど
このサイトで公開されている全ての文章・画像などを許可なく転載することを禁じます。